CUCINA TOPIX
TOPIX
RICETTA FAVORITE
TAVOLA GIO RNALE TAVOLA CON AMICI
トピックス
GO INDEX
おいしいものってなんだろう?
巷のあらゆるメディアには、グルメガイド、様々なレシピ集、旨い店、美食から粗食などなど----もの凄い量の食の情報にあふれています。かくいう私も、食べ物話だとつい見てしまったりするのですが。そもそも、このサイトを作る動機のひとつが自分の「食」に対する興味をいろいろ広げてみたいと思ったからです。

食べることが大好きで、主婦として日々料理を作る。自分でも何故こんなに、食べることに情熱を注げるのか不思議です。ただ、食べることなんてどーでもいい、あるいはやたらと好き嫌いの多い人はなにか生きるエネルギーが弱いような気がして、あんまりお友達にはなれない感じです。ここ数年ヴェネツィアにはまり、ヴェネツィアのマンマから料理を習うようになってから、食へのこだわりは「やっぱりこれでいいんだ!」という確信に変わりつつあります。イタリアの人たちは家庭の食事をとても大切にしています。家族や親しい人たちと食卓を囲む、その大切さと効能をよく心得ているからでしょう。毎日の食事はとってもシンプル。けれども、ただなんとなく食べるのではなく、しっかりとコンセプトをもっているようです。

もっと若い頃は、まずいもの食べてもへっちゃらでした。まだまだ、いくらでも取り返せるチャンスはあるなんて思ってたのかもしれない。それにひきかえ、このところの食い意地はますますエスカレートするばかり。外で食べて、まずかったりすると本気でめげるため、知らない店に入るのはちょっとこわい。もっとも、寿司、蕎麦、本格中華料理など職人系?の料理は外で食べますが、それ以外は、あんまり外食することはありません。このサイトでも、飲んだり食べたりする場面はほとんど家です。どこそこの何が旨いというような話題はあまり出て来ないと思います。とにかくもっと家でおいしいものを食べよう!そういうことです。美食というのともすこしちがう、元気で幸せになる方法としての食を考えていきたいと思います。

料理は人間のする行為のなかでも、最もクリエイティヴなもののひとつ。味もさることながら、香りや視覚的な効果、組みあわせの妙など、まるで舞台芸術のように総合的です。それに、うまいのまずいだのとその回答がすぐに得られる。おいしいものを食べて機嫌が悪くなるひともいない。こんなにその場でいっぺんに皆が楽しく幸せになれることってほかにないんじゃないだろうか?人生におけるこんな楽しみをほうっておく手はありません。
ヴェネツィアの家の食卓
ヴェネツィアの家の食卓
鍋